イギリス フットパスを歩く

アンブルサイド観光 手軽にフットパス体験 ストックギル滝(Stock Ghyll force)を見に行く

今回の記事は、アンブルサイドの中心部から往復1時間以内で行ける「ストックギル滝」へのフットパスの紹介です。

アンブルサイドはウィンダミア湖の北の拠点地で、街中は多くの観光客で賑わっていますが、少し歩くだけで自然の中に入って行くことができます。

 日本ではまだあまり知られていないようですが、気軽に行けるわりには小川や滝を楽しめるちょっとダイナミックなフットパスです。

外国人の観光客の人の姿はそこそこ見かけたので、海外のガイドブックには紹介されているのかもしれませんね。

アンブルサイドの観光案内所〜ストックギル通りまで

ストックギル滝へのフットパスは、ストックギル通りの入り口さえわかってしまえば、あとは簡単です。

それではストックギル通りへの行き方を解説します。

まずはアンブルサイドの観光案内所を目指します。

f:id:zoochan:20181005174328j:image

観光案内所は郵便局も兼ねているようです。

f:id:zoochan:20181005073943j:image

観光案内所の前の道を、向かって右方向に進むとすぐに「Solutation Hotel」があるので、このホテルの前を通り、すぐの道を左折します。

実はここを曲がると先の角に公衆トイレがあるので、トイレのマークも目印になります。

f:id:zoochan:20181004232332j:plain

 曲がった先の石垣に「water falls」の案内があります。

f:id:zoochan:20181004232325j:plain

左手にはトイレがあります。

f:id:zoochan:20181004232328j:plain

ストックギル通り〜ストックギル滝まで

ストックギル通りからストックギル滝までの地図を大まかに説明するとこんな感じです。

f:id:zoochan:20181004225511p:plain

水色の点線(ストックギル通り)の途中にある赤丸がフットパスの入り口です。ここから森に入り滝に向かいます。滝に到着したら滝の橋を渡り、折り返して戻ってくるルートになります。

ストックギル通りを歩くと、すぐにこんな感じの静かな道になります。

f:id:zoochan:20181004232358j:image

緩やかな上り坂を歩くと道の横に川が現れ、滝が近づいているのを感じます。

f:id:zoochan:20181004232403j:plain

道の脇にフットパスの入り口が現れます。

f:id:zoochan:20181004232407j:plain

そこそこ訪れる人が多いのと、ここには羊がいないので、フットパスにはおなじみのゲートはありません。

f:id:zoochan:20181004232510j:image

f:id:zoochan:20181004232502j:image

ここはストックギルの森(Stock Ghyell Wood)のようです。

f:id:zoochan:20181004232505j:image

ちょっと歩いただけなのに、すごい森の中に入ってきたような気がします。

ストックギル滝へはこの赤い矢印の通りに歩くとたどり着きます。

f:id:zoochan:20181004232531j:image

「follow red arrows to the falls」英語の音が面白くて口ずさみたくなります。

左側の下の方に気持ちの良さそうな橋が見えます。(これは帰りに撮った対岸からの写真)

f:id:zoochan:20181005081713j:image

すぐにでも渡りたいところですが、まずは赤い矢印に従って滝に向かうことにしましょう。橋を渡るのは帰りまでのお楽しみにとっておきます。 

こんな感じの森の中の道をどんどん進みます。道は少しぬかるんだところもあります。

f:id:zoochan:20181005231003j:image

赤い矢印のおかげで、無事ストックギル滝に到着です。(ルートは簡単です)

f:id:zoochan:20181005231558j:image

f:id:zoochan:20181004232603j:image

滝の上には橋が架かっていて、滝を上から見ることもできます。

f:id:zoochan:20181004232553j:image

上から見るとこんな感じです。迫力があります。

f:id:zoochan:20181004232558j:image

いろんな角度から写真を撮ってみました。

f:id:zoochan:20181004232708j:image

滝の反対側を降りていきます。

f:id:zoochan:20181005231625j:image

f:id:zoochan:20181004232711j:image

f:id:zoochan:20181005232133j:image

川沿いに歩き、最初に見た橋に戻ってきました。

ここからフットパスの出口はすぐです。

気軽に訪れることのできるフットパスですが、少し足場の悪いところもありました。トレッキングシューズが必要なほどではありませんが、スニーカーなど歩きやすい靴がおすすめです。

ABOUT ME
zoochan
ずーちゃんです。訪問国はただいま28カ国、一人旅、体験する旅が大好きです。趣味はアート鑑賞とパーカッション演奏。どうぞよろしくお願いしまーす。