イギリス フットパスを歩く

イギリス湖水地方のフットパスを歩く グラスミア湖からラフリグ・テラス(Loughrigg Terrace)まで

今日はグラスミア湖へ向かい、グラスミア〜ラフリグ・テラス(Loughrigg Terrace)のフットパスを歩きます。

 ラフリグ・テラスは湖畔に立つ小高い丘です。丘と言ってもかなり登りがいがあります。丘の上から見えるグラスミア湖もとても素晴らしいですよ。

湖水地方をバスで回るなら、ウィンダミア・バス&ボート1日券がおすすめ

グラスミアにはウィンダミア駅前のバス停から乗車します。

湖水地方のバスの乗車券は運転手さんから購入することができますが、ウィンダミア駅前には係員さんがいて、乗車券を売ってくれます。楽しいイングリッシュジョークでおもてなししてくれますよ。

f:id:zoochan:20181003074652j:image

f:id:zoochan:20181003074655j:image

ウィンダミアを起点にいろんな方面へバスが出ています。

私は係員さんから「ウィンダミア・バス&ボート」という1日券を12.5ポンドで購入しました。

ちなみに ウィンダミアからグラスミアまでの片道の乗車料金は6.5ポンドなので、2回乗るだけで元が取れてしまいます。

またこのチケットにはウィンダミア湖のクルーズ1回券も含まれているので、帰りはこれを使ってクルーズを楽しむことにしましょう。

グラスミアのバス停はわかりにくいので、必ず運転手さんに声をかけて

ウィンダミアからグラスミアに行くには、ケズウィック行き555番のバスに乗ります。

グラスミアのバス停は本当に小さい上に、降りる人はそれほど多いわけではありません。おまけに湖のほとりでもないので、乗り過ごしのないように、必ず運転手さんに一声かけておきましょう。

グラスミアはこんな感じのバス停です。

f:id:zoochan:20181003075218j:image

バス停からフットパスの入り口まで

バス停を降りた乗客のうち、何人かはグラスミアの中心部を目指して直進していきました。

しかしグラスミア湖のフットパスに行くには途中で左折する必要があります。

下のグーグルマップのschoolがバス停で、Red Bankがフットパスのゲートがある場所なので参考にしてください。

ちなみにレッドバンクは通りの名前なので、近くに銀行は見当たりません。探さないようにしてくださいね(笑)

バスを降りたら、まずはバスの進行方向に向かって直進します。少し歩くと橋があるのでそれを渡ります。渡るとすぐ右側には教会があります。

f:id:zoochan:20181003184912j:image

f:id:zoochan:20181003075943j:image

f:id:zoochan:20181003075931j:image

教会の前を通ると、すぐ左に伸びる道があるので、そこを左折します。

左側にホテルがあります。

f:id:zoochan:20181003081417j:image

あとはほぼ道なりに進んでいけば大丈夫です。

f:id:zoochan:20181003075950j:image

しばらく歩くと、牧草地が見えてきます。

f:id:zoochan:20181003075937j:image

グラスミア湖も見えてきました。

f:id:zoochan:20181003075947j:image

このまま歩いて行くと、フットパスのゲートが左側に現れます。

ここまでで約1.8kmです。のんびり歩いても30分もかからないでしょう。

グラスミア湖の湖畔を歩く

フットパスのゲートを入ると、グラスミア湖の湖畔に降りて行くことができます。

f:id:zoochan:20181003082303j:image

緩やかな坂を下りると、目の前にグラスミア湖が現れます。

f:id:zoochan:20181003082310j:image

ここから先は湖畔沿いにずっと道が続いています。

しばらくは湖畔の景色をお楽しみください。

f:id:zoochan:20181003082300j:image

風が止むと、湖面はまるで鏡のようです。

f:id:zoochan:20181003223551j:image

f:id:zoochan:20181003082319j:image

f:id:zoochan:20181003082323j:image

道沿いには人がすっぽり入れそうな木の穴が。この大きさなら雨宿りもできそうです。

湖畔の道

f:id:zoochan:20181003082313j:image

f:id:zoochan:20181003082316j:image

前方にラフリグ・テラスが見えてきました。テラスは日本語にすると台地や段丘、しかし丘というにはちょっと高い気がします。

グラスミア湖の砂浜のような場所に到着しました。

f:id:zoochan:20181003185551j:image

ここでは、みなさん思い思いに湖を眺めながらくつろいでいました。

私もちょっとブレイクすることにしましょう。

それではここからラフリグ・テラスを登って行くことにしましょう。

f:id:zoochan:20181003224848j:image

f:id:zoochan:20181003185544j:image

つづれ折になった道をどんどん登って行きます。道は緩やかなので登りやすいです。

f:id:zoochan:20181003185556j:image

笹のような植物で覆われているので、テラス全体が見渡せます。前を歩く人が見えて面白いです。

f:id:zoochan:20181003185606j:image

中腹まで登ったら、一本道を横断することができます。

テラスの終点近くに丘のさらに上の方に延びる階段があります。

f:id:zoochan:20181003231452j:image

見上げていると、上から降りて来た人たちに、「とても素晴らしい景色が見えるから登った方が絶対良いよ!」と勧められ、登ることにします。

見えている階段はそれほどでもなかったのですが、実はかなり上の方まで続いていました。

途中で上から見下ろすとこんな感じ。

f:id:zoochan:20181003195937j:image

さらにどんどん登って行きます。階段が空に向かってのびています。

f:id:zoochan:20181003195852j:plain

ラフリグ・テラスを上からきれいに見下ろすことができます。

f:id:zoochan:20181003200135j:plain


グラスミア湖もさらにその形がはっきり分かります。

f:id:zoochan:20181003200138j:image


山ではないけど山頂に立った気分です。

ここでもまたブレイクタイム。

フットパスに水とおやつは欠かせませんね。

階段を下って元の中腹の道に戻ります。まっすぐ行くと前方に森が見えてきます。ラフリグ・テラスもそろそろ終点です。

f:id:zoochan:20181003200210j:image

f:id:zoochan:20181003200225j:image

目の前にフットパスのゲートが見えてきます。

地図によるとこのゲートの先のフットパスからグラスミア湖の湖畔に降りていくことができまるようです。 

次回はグラスミア湖からライダルマウントへのフットパスを歩く

実は私はここからグラスミア湖には戻らず、来た道を戻る形でラフリグ・テラスを降りました。

次回はグラスミア湖から流れ出る川に沿って歩き、ライダルマウントへ向かいます。

ラフリグ・テラスと同様、ライダルマウントへの道も自然がとても素晴らしいルートでしたよ。

ABOUT ME
zoochan
ずーちゃんです。訪問国はただいま28カ国、一人旅、体験する旅が大好きです。趣味はアート鑑賞とパーカッション演奏。どうぞよろしくお願いしまーす。