バリ旅行

コマネカ・アット・ラササヤンは、ウブド初心者や弾丸旅行にピッタリだと思う理由についてまとめてみました

昨年の12月に、バリのウブドへ友達4人と女子旅へ行ってきました。

みんなの予定が合う日ということで、2泊3日の弾丸旅行となりましたが、ホテル選びが功を奏して、短い滞在ながらもとても充実したウブド滞在となりました。

 泊まったホテルは、コマネカ・アット・ラササヤン(以下ラササヤン)です。

スタッフの皆さんの笑顔が素敵でした。頭にさしたお花もかわいい。

f:id:zoochan:20190116175124j:image

とても便利な立地と素晴らしいホスピタリティで、ウブド初心者の私たちにとっては、とても満足のできるホテルでした。

「ラササヤン」の検索でたどり着いた方に、ラササヤンの良さや、逆にちょっと残念な点も伝わるように、今日はラササヤンについてのあれこれを書いていきたいと思います。

まずはラササヤンの良いところから上げていきましょう。

ウブドトップクラスの立地の良さ

ラササヤンの魅力のひとつが、その立地の良さです。

ウブドでもっとも賑わうショッピングストリートの一つ、モンキーフォレスト通りに面しています。 

しかしエントランスは20メートルほど奥まった場所にあるため、滞在中に通りの喧騒が気になることはありませんでした。

オープンなフロント 

f:id:zoochan:20190116182119j:image

朝は鳥の鳴き声で目が覚めたほどです。

ショッピングストリートの中にあるので、何かと便利

ウブドのお店の営業時間はかなり長いです。素敵なアクセサリーショップや洋服屋さんも、夜8時〜9時ごろまで営業しています。

f:id:zoochan:20190116175336j:image

今回の女子旅は弾丸だったので、夜もブラブラ街歩きができたのは、とても楽しかったです。

スタバがすぐ近くにある

私自身、海外旅行に行くと「困った時のスタバ頼み」がよくあります。今回の旅行では、2日目、王宮でのバリ舞踏の鑑賞前など、ちょっと小腹を満たしたい時、コーヒーが飲みたい時などに利用しました。

王宮、モンキーフォレストも徒歩圏内

ラササヤンは、ウブド観光のメインである王宮とモンキーフォレストの中間にあります。ということは、ウブド中心部の観光がほぼ徒歩圏内ということになりますね。

王宮では音楽舞踏を楽しみました。

f:id:zoochan:20190116182354j:image

検索したところ、朝ヨガや町スパも徒歩圏内にありました。

今回は弾丸旅行のため体験できませんでしたが、次はもう少し長めに滞在して、いろいろチャレンジしたいです。

コマネカグループなのに、良心的な値段

ウブドには4つのコマネカグループのホテルがあります。どれもトリップアドバイザーの評価が高いホテルばかりです。

中庭を囲むように部屋があります。

f:id:zoochan:20190116222853j:image

そんな中でラササヤンのホテル代は、他のコマネカグループに比べてちょっと安い料金になっています。

おそらく他の3つは、ウブドを代表するリゾートホテルで、のんびり優雅にウブドステイを満喫できるのだと思います。

ちなみにコマネカ・アット・モンキーフォレストは、ラササヤンのすぐそばにあります。

モンキーフォレストの方は料金設定が高めなので、利便性とラグジュアリー感の両方を、より兼ね備えたホテルだと思います。

ラササヤンは正直、それに比べると少しカジュアルな感じのリゾートホテルです。その分ホテル代も手ごろです。っていうか、バリ価格ということもあり、かなりリーズナブルです。

レストランの下にはプールがありました。プルサイドでのんびりしたかったのですが・・・弾丸のため断念

f:id:zoochan:20190116182800j:image

具体的にはツインの2人利用で、1人あたり1泊6,000円ほどでした。(返金なし、朝食なしの場合) 

朝食は別に1,800円(税サ込み)必要です。

やはりアジアのリゾートは、少ない予算でもリッチな気分になれますね。この安さにも感動です。長期滞在したい!

リピーターに嬉しいお知らせ

次回コマネカグループに宿泊するときは、他のホテルでも10%オフになるということでした。

次はどっぷりリゾートに浸れる、他のコマネカグループもありですね。

朝食レストランが素晴らしい

毎朝ここに来るのが楽しみで、気持ちよく目覚めることができました。

f:id:zoochan:20190116182519j:image

モンキーフォレスト通りに面したホテルとは思えない眺望です。

朝食はブュッフェではなく、テーブルでチョイスしオーダーするスタイルになっています。

訪れたのが雨季ということもあり(雨には一度も降られなかったのですが)、フルーツのおいしい季節でした。

1日目にいただいた朝食。フルーツプラッター

f:id:zoochan:20190116182542j:image

スイカジュースも美味しかったです。

f:id:zoochan:20190116182555j:image

メインはポーチドエッグとアボカド あとはコーヒー、パンと美味しいジャムでした。

f:id:zoochan:20190116182621j:image

部屋は65㎡  これだけあれば十分な広さ

ラササヤンは、ホテル棟からなるホテルです。中庭をぐるっと囲むように廊下が伸びています。

スタンダードな部屋の広さは65㎡。

もう十分な広さです。

掃除も行き届いていて、本当に気持ちの良い部屋でした。

f:id:zoochan:20190116182443j:image

女子旅に洗面台が2つというのはめちゃめちゃ嬉しいです。

f:id:zoochan:20190116182704j:image

それでは次に残念な点も上げていきましょう。

ホテルの窓から眺望を楽しめない

当たり前といえば当たり前なのですが、ウブドの中心部にあるホテルのため、「窓の外はウブドの大自然が広がっている」というわけにはいきません、

プライバシーが確保された広いベランダがあり、部屋の外でのんびりすることもできます。ここも素敵でした。

しかし南国の木が数本生えている向こうに、目隠しのために高い塀が立っています。

非日常を求めるなら、中心部から離れたホテルに軍配あり

ウブドに非日常を求めるなら、ラササヤンよりふさわしいホテルがあると思います。

ホテルの中でのんびり過ごしたり、たまにヨガプログラムに参加したり、スパも良いですね。

ラササヤンにもそうしたニーズに応えるプログラムは整っていますが、やはりのどかな自然の中のホテルには及ばないと思います。

スパは最上階にあります。ホテルスパの中ではお手頃な値段で、30分のマッサージで約2,500円でした。

f:id:zoochan:20190116185025j:image

まとめ

今回ラササヤンに宿泊したことで、すき間時間を使ってウブドの街歩きも楽しめました。

リピーターになると、さらに目的に特化したホテルがふさわしいのかもしれませんが、ラササヤンのオールマイティ感が、ウブド初心者の私たちにはぴったりでした。

初めてウブドを訪れて、すっかりウブドのファンになってしまいました。

最近、欧米に一人旅をすることが多い私にとって、海外旅行はいつも緊張感を持ち続けていることが多く、こんな緊張感のない旅行は久しぶりでした。

残念ながらエアアジアのデンパサール便は無くなってしまいましたが、ウブドはぜひまたリピートしたい場所になりました。

どこかLCCがまた就航しないかな〜。