イギリス編

コッツウォルズを路線バスで回る ボートン 〜 ノースリーチ 〜 バイプリーへ

ボートン・オン・ザ・ウォーター(以下ボートン)を拠点に、路線バスを使ってコッツウォルズの村めぐりをしました。

 1日目は昼頃に到着したので、村めぐりの開始時刻、つまりバスの発車時刻は午後3時40分です。

「えっ、そんな時間から?」という声が聞こえてきそうですが、8月のヨーロッパは夜8時ごろまでは余裕で明るいので、夕方も明るい日差しで、十分村めぐりを満喫することができました。

コッツウォルズは少ない滞在日数で、あれもこれも詰め込んだので、弾丸村めぐりでしたが、ツアーより気ままにのんびり回れたと思います。

バスのタイムスケジュール

今回行こうと決めたのは「バイプリー」。

ガイドブックにかなりの頻度で登場する、コッツウォルズ屈指の人気の村です。

バスの時刻表を調べたところ、滞在時間は1時間くらいですが、ちょうど良いバスがありました。

途中ノースリーチで30分の乗り換え時間がありますが、ここも可愛い村のようです。待ち時間を使ってぶらぶらできそうです。

バスのタイムスケジュールはこんな感じ。

バス801番  ボートン(15:40)〜ノースリーチ(16:00)

バス855番  ノースリーチ(16:30)〜バイブリー (16:50)

バス855番  バイブリー(17:47)〜ボートン(18:22)

ノースリーチはのどかなフォトジェニックな村

ノースリーチは小さな村なので、バスの30分の乗り継ぎ時間を使って回るだけでも、良いところをたくさん見つけることができました。

バス停は村の中心部The Market Placeにあるため、辺りをぶらぶらしても迷うことはないと思います。バスの発車時刻10分前までにはバス停に戻ってくることにしましょう。

f:id:zoochan:20180918183210j:image

バス停近くにあるガイドマップを頼りに村歩きをしました。

f:id:zoochan:20180918182632j:image

ほとんど通りを歩く観光客がいないので、雰囲気もバッチリです。

約20分の村歩きで撮った写真をご紹介します。

お気に入りの一枚

f:id:zoochan:20180918182527j:image

構図を変えて

f:id:zoochan:20180918182950j:image

大きな屋根のデザインが素敵

f:id:zoochan:20180918182403j:image

12世紀初めに建設された聖ピーター及び聖ポール教会はコッツウォルズ大聖堂として知られています

f:id:zoochan:20180918182412j:image

バス停の向かいの街並み

f:id:zoochan:20180918230123j:image

木組みの可愛い家  

f:id:zoochan:20180918182550j:image

羊の看板?

f:id:zoochan:20180918182553j:image

10分ほど前に戻ってバス停で待っていると、時間通りにバスがやってきました。

f:id:zoochan:20180918183228j:image

バイブリー は美しい村だけど、8月は観光客でいっぱい

f:id:zoochan:20180918221136j:image

バイブリー は噂に違わぬ美しい村でした。1時間の滞在時間では、スワンホテルでお茶を飲んだり、トラウト・ファームでマスの養殖場の見学をしたりはできませんが、小さな村なので、十分楽しむことができました。

しかしやはり人気の観光地、団体の方々が何組も集団で移動しているので、そこはちょっと残念でした。

執念で、人が少ない時を見計らって写真を撮りました。

見返すと、やはり素敵だな〜と思います。

バスを降りると、こんな景色が広がってます。

f:id:zoochan:20180918221746j:image

お花がいっぱい

f:id:zoochan:20180918222135j:image

17世紀に作られた水車小屋

f:id:zoochan:20180918222138j:image

 national trust のマーク

f:id:zoochan:20180918221314j:image

アーリントン・ロウへ続く道

f:id:zoochan:20180918221324j:image

f:id:zoochan:20180918221333j:image

ウィリアム・モリスも褒め称えた石造りの住宅。アーリントン・ロウ、素敵♡

f:id:zoochan:20180918221154j:plain

今回は滞在時間が1時間と少ない中での観光でしたが、もし時間があったら、バイブリーの高台の方にあるコッツウォルズ・ウェイを歩くことができたなぁと、それがちょっと心残りでした。少しだけ歩きましたが、また一味違ったバイブリーと出会えますよ。

最後にちょこっと、バイブリーのコッツウォルズ・ウェイの写真のおまけです。

コッツウォルズ・ウェイは道の先に何があるのか、とってもワクワク

f:id:zoochan:20180918224513j:image

柵の扉を開けて進んで行くと

f:id:zoochan:20180918224518j:image

遠くに石造りの家が広がっています。こんな素敵な風景を独り占めできるのもコッツウォルズ・ウェイの醍醐味です。もっと近づいてみたいけどもう時間切れ!ここで引き返しました。

f:id:zoochan:20180918224531j:image

 帰りのバスはバイブリーからボートンへ直通で帰ることができましたよ。

明日は1日、コッツウォルズ・ウェイを満喫する予定。楽しみ〜。

ABOUT ME
zoochan
ずーちゃんです。訪問国はただいま28カ国、一人旅、体験する旅が大好きです。趣味はアート鑑賞とパーカッション演奏。どうぞよろしくお願いしまーす。