シンガポール旅行

マリーナベイサンズからガーデンバイザベイへの一番簡単なアクセス

f:id:zoochan:20190220185116j:image

マリーナベイサンズで夜のショーを見終わった後、ガーデンバイザベイに移動してもう一つショーを楽しむ。こんなふうに、1日で2つの夜のショー楽しみたいという人は多いと思います

 今日は、マリーナベイサンズのイベントプラザからガーデンバイザベイへの簡単な行き方について、地図や写真を使いながら詳しく解説して行きたいと思います。

 

実は知らない人も多いルートです。早めに移動してお気に入りの場所を確保し、ガーデンバイザベイの夜のショーを楽しみましょう。

 

 

マリーナベイサンズでのコツはただ一つ。エスカレーターを上って、オーバーヘッドブリッジを使うべし!

 マリーナベイサンズのイベントプラザでショーを見終わると、観客の人はあちこちに散らばります。みんながガーデンバイザベイに移動するわけではないのです。

 

マリーナベイサンズのショッピングモールからガーデンバイザベイへの一番の近道は、オーバーヘッドブリッジを使うことです。直訳すると「頭上の橋」ですね。

マリーナベイサンズのショッピングモールとホテル、そしてガーデンバイザベイを結ぶ橋があるのです。

 

イベントプラザのショーが終わると、すぐ後ろにある入り口からショッピングモールの中に入りましょう。

f:id:zoochan:20190220183418j:image

イベントプラザから入るとすぐに「Rain Ocurus」うず潮型のオブジェがあります。
f:id:zoochan:20190220183444j:image

イベントプラザを背にして「Rain Ocurus」の右側を通ります。

f:id:zoochan:20190220183440j:image

 

ここでショッピングモールを見回すと、右前方の上の方に、エスカレーターが天井に向かって伸びているのが見えます。

あれがオーバーヘッドブリッジへのエスカレーターです。
f:id:zoochan:20190220183432j:image

ちなみに左のエスカレーターは下り専用です。

ショッピングモールの右側の道を直進しましょう。
f:id:zoochan:20190220183427j:image

右に並ぶ店舗を見ながら歩くと、「GARDENS  BY  THE BAY」の文字があるので、そこを中に入ります。

f:id:zoochan:20190220183423j:image

上へのエスカレーターがあります。ここからさらに上のエスカレーターへ乗り継いで行きます。
f:id:zoochan:20190220183436j:image

出口を出ると

f:id:zoochan:20190220184530j:image

外へ出ます。ガーデンバイザベイへの標識が出ているので、それを目印に歩きます。f:id:zoochan:20190220184514j:image

 

オーバーヘッドブリッジはマリーナベイサンズのホテルを突き抜けていく

ブリッジは、マリーナベイサンズのホテルの中を突き抜けます。
f:id:zoochan:20190220184525j:image

おおー!
f:id:zoochan:20190220184534j:image

地図で見るとこんな感じ。f:id:zoochan:20190220184633j:image

振り返ると、マリーナベイサンズホテルがそびえています。絶景です。

f:id:zoochan:20190220185006j:image

 

 

あとはガーデンバイザベイの森を目指して歩くだけ

目の前にはガーデンバイザベイの木々が見えます。あとはあの木に向かって歩くだけです。f:id:zoochan:20190220185015j:image

ガーデンバイザベイに到着です。
f:id:zoochan:20190220185009j:image

木の周りでは、みんな思い思いの場所でショーが始まるのを待っています。

寝っ転がって観ている人も大勢いました。

 

おすすめの鑑賞ポイントはマリーナベイサンズも一緒に楽しめる芝生の上 

私のおすすめ鑑賞ポイントは木々の森を抜けた先にある芝生のスペースです。

f:id:zoochan:20190222215441j:image

 

ガーデンバイザベイ全体のショーがきれいに見渡せる上、マリーナベイサンズのホテルの夜景も一緒に楽しむことができます。

f:id:zoochan:20190222215220j:image

 

マリーナベイサンズとガーデンバイザベイ、どちらも最高の場所で夜のショーを鑑賞できて大満足でした。

よろしければこちらもどうぞ!

www.love-voyage.com

 

最後までお読みいただきありがとうございます。