世界のエンターテイメント

ブロードウェイで5本のミュージカルを、合計たったの300ドルで観てきた。〜ブロードウェイ編 その2〜

2日目の朝は「シカゴ」のGeneral Rush チケットを取るために、劇場前に並ぶことからスタートしました。

様々なネット情報で、39ドルでブロードウェイミュージカルが観られるGeneral Rush チケットのことが取り上げられていますが、本当に4,000円ちょっとでブロードウェイミュージカルを観れるのか、実際にチケットを手にするまで、やはり半信半疑でした。

General Rushは、たった20枚のお宝チケットです。念には念を入れて、1時間半前の10時30分には劇場前に到着しました。(日曜日は窓口のオープンが12時なので)

劇場はまだ誰も並んでおらず、先頭をゲットです。これでチケットが手に入ることは確実となりました。

ほどなくするとどんどん人が並び始めました。

ラッシュチケットは20枚。窓口が開く頃には、かるく20人は越えていたので、他人事ながら、みんなはチケットを買えるのかなーと心配になりました。

12時ちょうどに劇場の扉が開き、窓口に向かいます。窓口では「マチネ(昼公演)かソワレ(夜公演)か」を聞かれ、ソワレのチケットを購入します。

「そうか、昼夜で合計40枚の売り出しだ!」と、やはり他人事なんだけど安心しました。

39ドルで無事今夜の「シカゴ」のチケットを手に入れ、3時の「キンキーブーツ」までは、ブロードウェイの楽器店巡りに出かけました。ラテンパーカッションの小物類をいくつか買って帰るつもりだったんです。だってネット情報では、47stは楽器店通りと書いてあったので、まさか1軒残らず無くなってしまうなんて、思ってもいなかったのです。

詳しくはこちらに。

さて3時からは待ちに待った「キンキーブーツ」です。

f:id:zoochan:20170630215600j:image

昨日サウス・ストリート・シーポートのTKTSで85.5ドルで買った席は、前から2列目、舞台の方に向いて右のエリアの中央側から4席めでした。舞台がすぐそこで、開演前からわくわくします。ちなみに1席ずつ購入したので、友達は反対側のブロックのやはり前の方にいます。

座席からはこんな風に見えます。

f:id:zoochan:20170630215603j:image

さて「キンキーブーツ」の感想ですが、めちゃくちゃ楽しかった〜。個人的には、今回5本のうちのナンバー1のミュージカルでした。その理由は・・・

まずは、ロック好きの私にとっては、これぞロックミュージカル!という素晴らしいナンバーがてんこ盛りだったこと。すべてシンディ・ローパーの書き下ろしだけど、やっぱすごいわ〜!

それと、前の方の席だったおかげで、ドラッグクイーンのお姉さま達の視線がバチバチ届いて、まるでロックライブの最前列にいるような興奮を味わえたこと。

そして何より、ローラ役のJ.Harrison Gheeが超可愛かったのです。ミニスカートから伸びる足がすごく長くて、スタイル抜群。ちょうど3月にブロードウェイデビューをしたばかり、おまけに2年間東京ディズニーシーのダンサーとして活躍していたそうではないですか!これは応援しなければ!!!

https://images.bwwstatic.com/columnpic7/91CA8686-B574-2862-6B7D0F822A2D960D.jpg

興奮冷めやらぬまま夕食を終え、本日2本めのミュージカル「シカゴ」へ向かいます。

ブロードウェイの街中では、「シカゴ」のコスプレをしたお姉さんがチラシを配っていて、「ん?日曜日だけどチケット余ってる?」 と少し気になります。

General Rush で手に入れたチケットは、前から2列目、舞台に向かって左側の一番端でした。「シカゴ」の劇場は座席がすごく舞台に近いため、General Rush の席では見切れの部分がかなりありました。でも「シカゴ」のミュージカルが、ほぼ舞台前方でお話が進むので、ストーリーには支障がなかったのですが、やはり少し見づらい席でした。

座席から見た舞台はこんな感じ

f:id:zoochan:20170630230359j:plain

それよりも残念だったのは、「シカゴ」の内容がちょっといまいちだったこと。でもそう思ったのは私だけではなかったようで、最後のアンコールの時、スタンディング・オベーションが起こらず、「やっぱりそうだよな〜」と納得してしまいました。

有名なミュージカルだからこそ、良いキャストで観たかったですね。

今日は昼間の「キンキーブーツ」が良かっただけに、その落差にがっかりしましたが、何と言っても39ドルだったので、悔しい思いも39ドル分ですみました。

つづく