イギリス鉄道の旅

ヒルトップ(イギリス湖水地方)のチケットや予約についてと、待ち時間を利用したヒルトップの楽しみ方

今日はヒルトップにあるビアトリクス・ポターの家と庭(The house and garden of Beatrix Potter)のチケットについてまとめてみました。

チケットの予約が可能なのか?

チケットの購入方法は?

入場までの待ち時間の使い方など、私自身が行く前に知りたかったことを中心に書いていきたいと思います。

ヒルトップの家は予約ができるの?

「ヒルトップの家は予約ができるの?」

多くの人がこのような疑問を持たれていると思いますが、答えは「ノー」です。

ヒルトップの公式ホームページにそのことが書かれています。

f:id:zoochan:20181008095045j:image

Hill Top公式ホームページより抜粋

(日本語訳)ヒルトップは小さな家のため、混雑を避けインテリアを保護するために、時間指定のチケットシステムを行なっています。ヒルトップを訪れる人は多く、家に入るのを待たなければならないことがあります。

ご注意:チケットは事前に予約することはできません。また早い時間に売り切れてしまう可能性があります。

ただし8人以上のグループで訪問する場合は、予約をできる可能性があるようです。ホームページを読むと、予約できるかどうかは、まず問い合わせてから判断されるみたいです。

もし8人以上で行く予定のある方は、予め電話やメールで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ヒルトップのチケットの買い方

ヒルトップに到着したら、まずはチケットセンターへ行き、時間指定のチケットを購入しましょう。

ピンクの☆印がチケットセンターです。オレンジのマークは、ヒルトップの家の前のバス停で、バスで来た場合ここで下車します。

f:id:zoochan:20181008101731j:image

バスは地図の右方向からやってくるので、バスを降りてそのまま直進します。

f:id:zoochan:20181008102215j:image

f:id:zoochan:20181008102627j:image

約200メートルほど歩いたところに、駐車場の入り口のような、左に曲がる道があります。

ここを左折するとチケットセンターがあります。

f:id:zoochan:20181008220659j:image

ヒルトップに到着しビアトリクス・ポターの家の前に着くと、周りの素敵な景色に否が応でもテンションが上がり写真を撮りたくなります。

しかしヒルトップについてまずやらなければならないことは、

「時間指定のチケットを取ること」です。

私はバスで到着しましたが、同じバスで向かった人のあいたでも、すぐに買いに行った数人(私も含めて)と、記念撮影などを先にして時間が経ってから買いに行った人たちとの間では、入場時間にかなりの差が出ていました。

実は車で訪れる人がほとんどなので、バスを利用する人は少なくても、訪問者は多いのです。

チケットの料金について

ビアトリクス・ポターの家と庭(The house and garden of Beatrix Potter)のチケットの料金は次のようになります。

f:id:zoochan:20181008163000j:image

Hill Top公式ホームページより抜粋

ここでは2つの料金システムについて解説しましょう。

STNDARDは普通の料金になります。

GIFT AIDはナショナルトラストへの寄付つきの料金になります。私たちが負担するのは1.1ポンドだけですが、私たちが寄付することで税金上の優遇があり、ナショナルトラストには3ポンド以上が入ることになります。

つまり約1ポンド(150円)高いGIFT AIDのチケットを買うことで、私たちはナショナルトラストに3ポンド以上(500円)寄付することができるのです。

ピアトリクス・ポターは湖水地方の自然保護のために、ニア・ソーリーの農場など4,000エーカーの土地をナショナルトラストに寄付しました。その功績に敬意を払って、GIFT AIDのチケットを買うというのはいかがでしょうか。

チケット購入後、家への入場までの手順

 チケットには、ポターの家への入場時刻が記入されます。

f:id:zoochan:20181008221003j:image

書かれている時間までに家の前に行き、呼ばれるまで待機します。時間になると係員の方から「〜時〜分の方」と声がかかり、家の中に入ることができます。

f:id:zoochan:20181008221008j:image

私は朝一番のボウネスピア発のボート&バスでヒルトップに向かい、10時30分過ぎにヒルトップに到着しました。少し並んで、約30分後の11時15分入場のチケットを購入することができました。

8月のトップシーズンでしたが、朝早い時間帯だとあまり待たずにすむのかもしれません。

ヒルトップの家の入場までの待ち時間の過ごし方

ヒルトップの家の周辺には、待ち時間を楽しく過ごすためのお楽しみがいくつもあります。ポターの家の入場までの待ち時間を、退屈な時間から素敵な時間に変えるためにまとめてみました。 

ピアトリクス・ポターの家の庭を散策する

多くの人が庭を散策したり、広場のベンチに腰かけたりしながら時間を過ごしています。

私は逆に待ち時間があまりなくて、家を出てから庭を楽しみました。

f:id:zoochan:20181008220038j:image

f:id:zoochan:20181008215941j:image

チケットの地図を使ってお話の舞台になった場所探しをする

実はチケットを広げると、ヒルトップ周辺の地図になっています。

f:id:zoochan:20181008172910j:image

ヒルトップの家の周辺は、絵本に出てくる景色でいっぱいです。地図に記された番号は下の絵のモデルになった場所です。

ピーターがお手紙を投函したポスト、トムキトンのお話に出てくるゲートなど、絵本の舞台探しはまるで宝探しのような楽しさです。

地図を頼りにぜひ自分で探してくださいね。

f:id:zoochan:20181008173326j:image

f:id:zoochan:20181008173337j:image

お土産ショップで買い物をする

ヒルトップのお土産売り場は、ボウネスの「ピーターラビットの世界」に比べると、商品の数は少ないです。しかし一つ一つとても素敵なものが多いので、じっくり楽しめます。

f:id:zoochan:20181008220140j:image

特にポター自身もコレクションしていたという、キャラクターのとても小さなミニチュアフィギュアは、同じものがポターの家にも飾られているので必見です。

f:id:zoochan:20181008220158j:image

こちらはポターの家に展示されているフィギュア。かわいい。

値段が確か1つ2万円くらいしたので手が届きませんでした。

私は手頃な価格のトムキトンの小さなフィギュアを1つ買いました。

子猫のトムキトン、かわいいですよ。

Tower Bank Armsでランチやお茶をする

ヒルトップの家のすぐ隣にある「Tower Bank Arms」は「あひるのジマイマのおはなし(tale of jemima puddle duck )」の中に出てくるレストラン&バーです。

f:id:zoochan:20181008224553j:image

私は待ち時間ではなく、ポターの家の見学後に「Towe Bank Arrms」でランチを食べました。とても居心地の良いお店で、値段も手頃でした。

お店のホームページ

ヒルトップの周辺をちょっと足を伸ばして散策する

ポターの家の目の前に広がる丘の散策だけでも十分見ごたえがあります。また少し歩くとフットパスの入り口があるので、待ち時間に合わせて歩く距離を伸ばしても良いと思います。

f:id:zoochan:20181008220505j:image

f:id:zoochan:20181008220445j:plain

フットパスについての詳しい情報は、こちらのブログに書いています。

ヒルトップのチケットは予約ができないということで、入場までの時間の使い道をいろいろと考えてみました。

これから行かれる方のお役に立てば嬉しいです。

ヒルトップへのアクセスはこちらから

帰り道はフットパスを歩いてボート乗り場へ向かいました。

ボウネスにもフットパスがあります。こちらもおすすめですよ。