アートよもやま話し

真の怖い絵ナンバーワンはやっぱりこれだと思う

名画の話ですが、グロテスクな絵が苦手な人は見ない方が良いと思います。

私もまだ慣れません。怖いよー、薄目で見てます(涙)

 

夏休みの一人旅がだんだん近づいてきました。

たくさんの美術館を巡る旅になるので、多くの名画との出会いが楽しみです。

特に最初の訪問地のマドリードは、垂涎ものの名画が目白押しです。

そんな中に一つ、長年、見たくて見たくなかった絵ががあります。

それはプラド美術館にある、ゴヤの「我が子を喰らうサトゥルヌス」です。

f:id:zoochan:20170707082757j:image

怖いですね〜〜。

簡単に、この絵のモチーフとなったギリシャ神話を紹介すると、

母親(ガイヤ)に、父親(ウラヌス)を倒すことを依頼されたクロノス(サトゥルヌス)は、父親が昼寝をしているすきに、父親の男根を切り落とします。力を失った父親は最後、クロノスに告げます。「お前は父の私を倒して王の地位 を奪い取った。やがてお前自身も同じ運命になるであろう」

その後神々の王位についたクロノス(サトゥルヌス)は、父親の最後の言葉に怯え、生まれてきた我が子が自分を次々と呑み込んでしまいます。

とまぁこんな感じです。

きちんと読みたい人はこちらをどうぞ。

www.ffortune.net

神話の世界はすごいですね。

ギリシャ神話も日本神話も、あり得ない話か満載なんだけど…

でも本当にあり得ない話?

社会が複雑になるにつれ、私たちはいろんなルールを身につけてきたけれど、もっともっと大昔、理性でコテコテに武装する必要がまだなかった時代は、神話の世界はリアルな世界だったのかもしれないですよね。

少なくとも、巷で流れるニュースや、親との関係性に悩む人の話を聞いていると、今の私たちの心の奥深くには、神話の世界は形を変えて息づいているような気がするのですが…

ゴヤはこの絵を、彼が4年間引きこもって過ごした、聾者の家の食堂の壁に描いたそうです。なぜこのような残虐な絵を描いたかは諸説あるようですが…

この絵をゴヤは、毎日どんな思いで眺めていたのでしょう。

私たちの心に眠る「神話の世界の心」を考えると、ゴヤにとってこの絵は、凄惨な子殺しの殺害現場ではなく、自分の心の一片と対峙するものだったのかもしれないですね。

なので、しっかり見てきます。

怖いよ〜。でもすごく楽しみ!