子育て卒業。一人旅はじめました!

50歳を過ぎて一人旅に目覚めました!一人旅はまだまだ初心者だけど、これまでの旅の記憶とこれからの一人旅の記録を綴っていきます

駅からトレド旧市街へ歩いてみた。 @トレド (2日目)

f:id:zoochan:20170903110032j:plain

トレドは、1561年にマドリードに首都が移るまで、政治・経済の拠点として繁栄した街で、その姿がそのまま残っているため「16世紀で歩みを止めた街」と言われているそうです。またキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の3つの文化の影響を受けた建造物が混在する独特な街並みが特徴的です。ちなみに1986年に、旧市街全体が「古都トレド」として世界遺産に登録されています。

トレドへはマドリード・アトーチャから高速列車で30分足らず、物々しい手荷物検査の割には、あっという間に列車の旅は終わります。

トレド駅は、とてもエキゾチックで美しい駅舎。否が応でもテンションが上がります。

 

f:id:zoochan:20170907213938j:plain

f:id:zoochan:20170907214036j:plain

f:id:zoochan:20170907214052j:plain

 

ガイドブックには、駅から20〜30分と書いてありますが、実際に歩いてみると、美しいトレドの遠景を眺めながら近づいていくので、それほど距離は感じなかったです。

また「坂道なのでおすすめできない」との記事もありましたが、エスカレーターを使ってトレドの旧市街に入る方法もあるので、坂道の苦労はあまりないように思いました。

 

f:id:zoochan:20170903125343j:plain

 

もし、無事トレド旧市街に到着できるのか心配という人は、ガイドブックなどに載っているトレドの地図を思い出してください。

トレドは川に囲まれた小高い丘の上の都市です。

つまり駅やバスターミナルから真逆の方に歩いて行かない限りは、遠くにトレドの街を眺めながら近づいていくことになるので、迷うはずがないのです。

方向音痴の人も、目的地が見えているので必ずトレドに到着します。自信を持って歩いてくださいね。

 

私自身も、遠景の写真を撮りたくてあっちこっち歩き回り、どこからでも行けるんだなと思いました。インフォメーションで地図をもらい、実際にいろんなアプローチの仕方ができるのを確認できたので、ここにアップしたいと思います。

 

家で調べた時は、いまひとつわかりにくかったトレド旧市街と駅、バスターミナルの位置関係が、この地図でスッキリ理解できました。

 

インフォメーションでもらった地図と、その拡大版を使って、詳しく説明しますね。

 

f:id:zoochan:20170903112514j:plain

 

 

f:id:zoochan:20170903112331j:image

 

下の拡大の地図で確認してもらいたいのが、

上 バスステーション

右 Renfe (国鉄駅)

下 Zocodover 広場(ソコドベール広場)、25番のAlcantara 橋(アルカンタラ橋)

左 インフォメーション 19番のBisgra gate(ビサグラ門) です。

中央 赤いEscalators (エスカレーター) *大きな赤い四角は駐車場です

 

ボールペンでぐるぐるしているところが、Pza.Zocodover (ソコドベール広場)になります。インフォメーションもここにあります。(もう一つのインフォメーションはビザグラ門にあります。)

ここを目指して歩くことにしましょう。

 

ちなみに、このボールペンぐるぐるの印は、インフォメーションのお姉さんがつけてくれたものです。

 

まず駅からですが、写真の右にRenfeと書かれてあるように、この道が駅にのびています。つまり駅から5分も歩かないうちにこの地図の端っこにやってきます。距離にすると約300メートルぐらいです。

 

右下にある25番がAlcantara Bridge (アルカンタラ橋)です。いろんな人がブログでこの橋を渡ってトレドに入るのをおすすめしていますね。この橋を渡って入るためには、駅からだと、この地図の少しまえの分岐点で左に曲がるとわかりやすいです。

 

f:id:zoochan:20170903124739j:plain

 

駅から歩いて200mくらいのところに大きな分岐点があるので、すぐわかります。

駅からの分岐点はこの地図で確認できます。

 

f:id:zoochan:20170903122837p:plain

 

もしうっかり分岐点を行き過ぎても、アルカンタラ橋にこだわらなければ、そのまま黄色い道をまっすぐ歩き、違うルートでトレド旧市街には入れます。 

地図の左端にインフォメーションのマークと19番が見えます。これは古都トレドの表玄関「ビザグラ新門」です。イスラム時代に作られた城門の名残を残す素晴らしい門です。この門から旧市街に入るという方法もあります。その場合は上り坂を歩いて旧市街中心部に向かいます。

駅からここに向かって歩いている人もいました。

 

f:id:zoochan:20170903125208j:plain

 

上り坂が苦手という人には、地図の真ん中にあるエスカレーターを使ってトレドに入る方法があります。

地図のやや上中央に、ロータリーのある黄色い十字の大きな道がありますが、この道を南下すると、エスカレーターの一番下から乗ることができます。実は大きな観光バスの駐車場がここにあるので、多くの人がこのエスカレーターでトレド旧市街に入っています。

 

地図の上部にあるバスステーションに到着した人も、この黄色い道を南下してトレドに向かうので、エスカレーターで旧市街に入るのが最短ルートです。

 

ちなみにアルカンタラ橋を渡って旧市街に入っても、すぐに、階段とエスカレーターの案内の表示があるので、エスカレーターを使うことができます。地図でいうとオレンジの道でエスカレータにいけますね。

 

しかし足に自信のある人は、ぜひ階段を使ってトレド旧市街に入ってください。

アルカンタラ橋を渡ると、すぐにイスラムの影響を残した鍵穴型のアーチが見えます。

 

f:id:zoochan:20170903132008j:plain

 

階段を上りきった場所から見えるアルカンタラ橋のも素晴らしいです。

 

f:id:zoochan:20170903132047j:plain

 

 

階段やエスカレーターを上りきると、地図中央の水色の建物、オレンジのカメラのマークの場所に出てきます。こんな景色が見えます。

 

f:id:zoochan:20170903132105j:plain

 

そこからソコドベール広場はゆるい上り坂を歩いてすぐです。

 

いかがですか?

この記事が、駅やバスターミナルから歩いてみようかな?と思う人のお役に立てれば嬉しいです。

 

ランキングに参加中です(^○^)

クリックしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村