ツギタビ

次の旅はどこに行こうかな。これまでの旅の記憶とこれからの旅の記録。

伊勢神宮へは近鉄急行が安い!お伊勢参りは大阪からの日帰り旅行にとってもおすすめ!

f:id:zoochan:20180111183414j:image伊勢神宮は日本人にとって、永遠の憧れの観光スポットですよね。

今年のお正月は嬉しいことに、1月5日にお伊勢参りをしてきました。

私の実家は大阪なので、帰省に合わせてお伊勢参りに行くのですが、その際に利用する近鉄の急行がとても使い勝手が良い上に、料金も特急に比べてグッと安いのです。しかしほとんどのお客さんは特急を利用しています。

私は急行で伊勢神宮に行くようになってから、お伊勢さんがすごく身近になり、特別な時ではなくても、ふらりと出かけたくなる場所になりました。

今日は安くて、思ったよりも時間がかからない、「大阪から近鉄急行で行くお伊勢参り」をご紹介したいと思います。

 

 まずは近鉄特急と近鉄急行の違いを見ることにしましょう。

 

JR大阪駅を起点として考えた場合、環状線の鶴橋駅が乗り換えの都合が良いので、近鉄鶴橋駅発で比較することにします。

 

料金  (鶴橋〜伊勢市)

近鉄特急    片道 3120円  (乗車券1800円+指定券1320円)

                  往復 6240円

近鉄急行    片道 1800円    

                   往復 3600円

 

往復だと特急に比べてー2640円!急行だとこんなに安くお伊勢さんに行けるのです。

 

乗車時間 (鶴橋〜伊勢市)

近鉄特急    1時間42分

近鉄急行    2時間9〜25分(時間帯によって若干違います)

 

どうですか?3、40分ぐらい。思ったほど変わらないでしょう。

 

特急の大きなメリットとして、座席指定ができるというのがありますが、鶴橋から伊勢市は下り電車になるので、それほど混雑していません。もちろんまったくガラガラというわけでもありませんが、基本的に急行は近距離利用の人が多いので、乗車時に座れなくても、すぐに席は空きます。

私は座れなかったことはないですが、鶴橋の乗車時に、連れの人と隣同士に座れないことはたまにあります。しかしいつもどこかが空いて、けっこうすぐに隣同士で座れます。

どうしても最初から隣同士で座りたいという人は、始発駅の大阪上本町から乗るのが良いでしょう。大阪上本町へは、鶴橋から1分、150円で向かうことができます。

 

ちなみに急行の車両は、昔ながらの縦並びの2列シートのこともありますが、通常の通勤電車のように横並びシートのこともあります。

 

帰りの電車で必ず座りたい時の裏技

万が一、帰りの伊勢市発で座れなかったとしても、行きの鶴橋発の場合もそうですが、急行は近距離利用の人が多いので、必ず途中で席は空きます。しかしどうしても不安という人は、始発駅である「五十鈴川駅」から乗車することをお勧めします。

この「五十鈴川駅」は内宮から近いので、わざわざ「伊勢市」まで戻るよりも、実はバス代の節約にもなるのです。一挙両得ですね。

 

外宮と内宮どっちを先に参拝すれば良いの?

「外宮先祭」という言葉があり、祭事の多くは外宮から先に行われることが多いですが、参拝もまた、外宮を先にお参りするほうが良いと言われています。

これは内宮の神様である天照大御神が「神宮の祭事は豊受大神宮(外宮)から行いなさい」と言われたという言い伝えに由来するようです。

f:id:zoochan:20180111172425j:image

 

お勧めのお伊勢参りコース

外宮を先にお参りできて、尚且つバス代や歩くルートも効率の良い回り方ができた方が良いですよね。

そこで皆様の参考になればと、モデルプランを一つご紹介したいと思います。ちなみにこのプランは日帰りを前提としているので、最低限回って欲しいところだけをチェイスしています。

 

1.近鉄伊勢市駅からJR伊勢市駅へ(近鉄とJRの伊勢市駅とつながっています。JR側の改札から出てください。)

2.JR伊勢市駅から外宮参道を通り外宮へ(徒歩10分)

3.外宮参拝

4.外宮前から内宮前行きのバスに乗る

外宮前〜猿田彦神社前(300円)内宮前行き循環バス 三重交通 10分間隔で運行 

5.猿田彦神社、さるめ神社(芸事の神様)参拝

6.猿田彦神社から神宮会館まで歩く(10分くらい) 神宮会館前がおかげ横丁の入り口です。

7.おかげ横丁〜おはらい町通り(食べ歩き)

f:id:zoochan:20180111172644j:image

おはらい町通りの入り口が宇治橋の前になっています。

8.内宮参拝

9.内宮前から外宮前行きのバスに乗る

内宮前〜中村町(230円)外宮前行きバス循環バス 三重交通 (バス停中村町は行きに降りた猿田彦神社前の一つ先外宮寄りのバス停です)

10.月讀宮参拝

11.月讀宮から五十鈴川駅まで歩く(徒歩10分くらい)

12.近鉄五十鈴川駅(近鉄急行上本町行き始発駅)から近鉄特急に乗る

 

交通費概算

鶴橋〜近鉄伊勢市 1800円

五十鈴川〜鶴橋 1810円

三重交通バス 530円

合計 4140円

 

もちろん、疲れたら帰りは特急というのもアリですよね。

 

 大阪からの日帰り旅行、京都や奈良も素敵だけれどお伊勢参りも選択肢の一つに加えてもらえたでしょうか。伊勢神宮はとっても気軽に行けてお財布にも優しい場所なんです。(なんてったって神社は拝観料がかかりません)

今度の週末、思いたったらお伊勢参り!なんていうのはいかがでしょうか。

伊勢神宮は式年遷宮から約2年が経ち、一時期より混雑も緩和され、神社の拝殿や鳥居の色合いも良い具合にこなれてきています。

お勧めですよ。