ツギタビ

次の旅はどこに行こうかな。これまでの旅の記憶とこれからの旅の記録。

ワシンントン ナショナルギャラリーの見どころと作品、役立つ情報をご紹介します

f:id:zoochan:20180419204146j:imageワシントン旅行のハイライトといえば、スミソニアン協会の博物館・美術館めぐりですね。

国立美術館である「ナショナル・ギャラリー」は、スミソニアン協会のものではありませんが、まさにスミソニアン群一帯の中にあります。

 

主な展示は13世紀以降の西洋美術のコレクションで、その内容は目を見張るものがあります。

レオナルド・ダヴィンチの作品を始めとして、ジョット、ボッティチェリ、ラファエロ、ルーベンス、エル・グレコ、フェルメール(なんと4点も)、レンブラント、セザンヌ、ゴッホ、マネ、モネ、などなど・・・

 誰もが知っている有名な画家の第一級クラスの絵画が、本当にたくさん展示されています。

 

そして「ナショナル・ギャラリー」は、誰もが入れる美術館を目指し、開館当初から無料で入館できるのです。

 

今日はそんなワシントンの「ナショナル・ギャラリー」の作品や、ちょっと役立つ情報をご紹介したいと思います。

 

フロアマップをもらおう

f:id:zoochan:20180422100319j:image

無料の美術館や博物館の場合、フロアマップをもらえないところもありますが、「ナショナル・ギャラリー」では、日本語のフロアマップをもらえます。

展示室は国や年代ごとに分かれているので、フロアマップがあると便利で、とても効率よく回ることができます。

折りたたまれた大きなフロアマップですが、特にここの部分がすごく役立ちます。

f:id:zoochan:20180416104023j:plain

 

オーディオガイドを無料で借りられる

「ナショナル・ギャラリー」には、ハイライト作品を解説してくれるオーディオガイドの貸し出しがあります。

貸し出しカウンターは、メインエントランスから入ってすぐ右側です。こじんまりとしたカウンターなので、お見逃しのないように。

オーディオガイドは日本語バージョンもあり、料金はなんと無料!!これを使わない手はありません。

解説はなかなかの充実ぶりで、「さらに詳しい解説を聞きたい方は・・・」なんていうサイドストーリー的なオプションもたくさんありました。(全部聞くのは不可能でした)

 

さらにオーディオガイドを借りるともれなく付いてくるのが、ディレクターがチョイスしたおすすめ作品のパンフレットです。

パンフレットには、26点の作品写真と作者名、作品名、制作年、館内の展示場所が書かれており、これを頼りに回るだけでも、とても満足できる鑑賞になる内容です。

f:id:zoochan:20180416104151j:plain

ここまで読んで、「オーディオガイドを借りてみよう」と思われた方は、ぜひイヤホンを持参してください。

オーディオガイドはヘッドフォンタイプではなく、耳に直接機械を近づけて聞くタイプなので、パンフレットを見たり、移動しながら聞く際には、どうしてもじゃまになってしまいます。

オーディオガイドにはイヤホンの差し込み口があるので、首からオーディオガイドをぶら下げて解説を聞くことができます。

 

オーディオガイドを借りる際には、名前を確認できるもの(パスポート以外)を預ける必要があります。私は銀行のキャッシュカードを出したところOKだったので、それを預けました。

 

予習や復習ができるアプリもおすすめ

「ナショナル・ギャラリー」はどこまで太っ腹なのでしょうか。なんと無料のアプリも作っているのです。

https://www.nga.gov/visit/tours-and-guides/mobile-app.html.html

 予めインストールしておけば、作品鑑賞の予習ができる上、来館前から気分を盛り上げることもできます。

オーディオガイドとは少し違う作品のラインナップなので、当日は二刀流でいくのも良いかもしれません。

また現在行われている企画展の情報や、ガイドツアーの情報も、このアプリから手に入れることができます。

 

展示作品の一部を紹介します

「ナショナル・ギャラリー」は全館撮影可能です。それでは作品の一部を紹介したいと思います。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ 「ジネヴラ・デ・ベンチの肖像」

f:id:zoochan:20180419204203j:image 

アンジェリコとリッピの合作 「東方三博士の礼拝」

f:id:zoochan:20180419204240j:image

ラファエル「アルバのマドンナ」

f:id:zoochan:20180419204246j:image

ルーベンス「ライオンの巣窟の中のダニエル」

f:id:zoochan:20180420174434j:image

エル・グレコ「ラオコーン」

 f:id:zoochan:20180419204304j:image

レンブラント「自画像」

f:id:zoochan:20180419204327j:image

ゴヤ「デ・ポンテホス公爵夫人の肖像画」

f:id:zoochan:20180419204332j:image

ドガ「4人の踊り子」

f:id:zoochan:20180419204342j:image

ゴッホ「花瓶のバラ」

f:id:zoochan:20180419204354j:image

ゴッホ「自画像」

f:id:zoochan:20180419204358j:image

マチス「両腕を挙げるオダリスク」

f:id:zoochan:20180419204410j:image

モネ「The houses of P arliament,サンセット」

f:id:zoochan:20180419204450j:image

ロートレック「『シルペリック』でボレロを踊るマルセル・ランデール嬢 」

f:id:zoochan:20180419204457j:image

マネ「タマ」   (日本の犬がモデルらしいですよ)

f:id:zoochan:20180419204505j:image

セザンヌ「牛乳入れと果物のある静物画」

f:id:zoochan:20180420174457j:image

などなど、などなど・・・

 

企画展は「セザンヌのポートレート展」を行ってました。

f:id:zoochan:20180420174506j:image

数室に渡ってセザンヌのポートレートがたっぷり展示されていました。50点くらいはあったように思います。

f:id:zoochan:20180420174518j:image 

f:id:zoochan:20180420174533j:image

f:id:zoochan:20180420174550j:image

こんなポートレートも。

「骸骨のある静物画」

f:id:zoochan:20180420174617j:image

 

この一つ前の企画展は「フェルメール展」で、合計11点のフェルメール作品がここ「ナショナル・ギャラリー」に集まったようです。

すごいですね〜。

 

 

見逃したくない作品がある人は

 どうしても見逃したくない作品がある方には、こちらのサイトをお勧めします。

ワシントンの「ナショナル・ギャラリー」で現在展示中かどうかを確認できるサイトです。

アーティスト名を入れると、作品が表示され、展示中かどうかがわかります。

他の美術館に貸し出し中なんて耐えられない!という作品がある方は、どうぞ検索してくださいね。