子育て卒業。一人旅はじめました!

50歳を過ぎて一人旅に目覚めました!一人旅はまだまだ初心者だけど、これまでの旅の記憶とこれからの一人旅の記録を綴っていきます

アルル観光 ゴッホの聖地巡礼 跳ね橋への行き方も (10日目)

f:id:zoochan:20171015132259j:plain

 今日は、ゴッホが芸術家の楽園を作ろうと夢見た街、アルルに行きたいと思います。

実はゴッホの有名な作品は、1888年2月にアルルに移り住んでから、その後サン・レミの療養院に移り、彼が拳銃で自らの命を奪う1890年7月までのたった2年余りの間に描かれています。

ちょうど出発前にNHKのBSで、ゴッホの自伝的映画である「炎の人ゴッホ」が放映されていたのを見たのですが、ゴッホにとってアルルは、夢と希望に溢れていた生活から一転し、ゴーギャンとの共同生活が破綻し精神病院に入院することになった街なのです。

 

 しかしゴッホ役のカーク・ダクラス(懐かしい!)が本当にゴッホっぽくって、感心してしまったな〜。

ところで何気にカーク・ダクラスをググったら、100歳になってまだご存命でした。すごい!!

 

f:id:zoochan:20171015130456j:plain

朝からいろいろありましたが、憧れの地アルルに到着です。

ゴッホは、画家の友人ベルナールに宛てた手紙の中で「この地方は大気の透明さと明るい色の効果のため日本みたいに美しい。水が美しいエメラルドと豊かな青の色の広がりを生み出し、まるで日本版画に見る風景のようだ。」と書いています。

さてさてゴッホが日本のようだと評したアルルはどんな街なのでしょうか。

 

旧市街までは駅から南に向かって少し歩きます。

f:id:zoochan:20171015130531j:plain

 

カヴァルリ城門に入ると旧市街です。

f:id:zoochan:20171015130523j:plain

 

 

ゴッホの名画の聖地巡礼

 

「アルルの公園の入り口」

f:id:zoochan:20171015130925j:plain

f:id:zoochan:20171015130942j:plain

 

夏の庭園の入り口に、ゴッホの絵のパネルがあります。

こんな風に絵のモデルになった場所にはパネルが飾られているので、絵と見比べると面白いですね。

 

 

次に巡るのは、ゴッホが自分の耳を切り落として入院することになった精神病院の跡地です。今はエスパス・ヴァン・ゴッホという建物となり、中庭に面してはお土産物屋さんなどが並んでいます。

f:id:zoochan:20171015131134j:plain

 

 庭はゴッホの絵をもとに、再現されたようです。

 

「アルルの病院の庭」

f:id:zoochan:20171015131237j:plain

f:id:zoochan:20171015131221j:plain

 

お互い強烈な個性の持ち主だったゴッホとゴーギャンの共同生活は、2ヶ月ほどで破綻します。ゴーギャンはゴッホのもとを出て行くことを告げますが、そのことに絶望したゴッホが自分の耳を切り落としたとも言われています。(諸説あるようですが)

 

次は夜のカフェ・ヴァン・ゴッホへ向かうことにしましょう。

 

「夜のカフェテラス」

f:id:zoochan:20171015131331j:plain

f:id:zoochan:20171015131411j:plain

今はゴッホのいた当時とは、違うお店になっているようです。

 

 

アルルの跳ね橋への行き方

最後にアルルの跳ね橋を見に行きたいと思います。徒歩では1時間かかるのでタクシーを利用することにしましょう。

ここではアルルでのタクシーの利用方法を紹介したいと思います。

 

まずは夏の庭園のそばにあるインフォメーションでタクシーの利用方法を聞きました。

f:id:zoochan:20171015133045j:plain

 

するとインフォメーションのお姉さんが親切に、タクシー会社に電話をかけてくれました。・・・・・しかし電話はつながらず。また来ますと伝え、

 

30分後ぐらいにまたかけてもらおうと出直しました。

すると違う担当のお姉さんが、今度は電話ではなく、2カ所のタクシー乗り場を教えてくれました。(こんな風に地図に丸印を書いてくれました 上が北)

f:id:zoochan:20171017221250j:image

 

まず近い方のインフォメーションの前のTAXI乗り場に行ってみると、そこはどう見てもお土産物屋さんです。隣のオレンジと白のシマシマの建物の扉の上に「TAXI」の文字を発見! 

f:id:zoochan:20171015131557j:plain


しかしそれらしきものは他にないので、お土産物屋さんに聞いてみると・・・

お土産物屋さんのオーナー(?)のおじさんが、「ちょっと待ってて」とタクシーの運転手さんに早変わりです。

お店の隣に停まっている車がタクシーでした。

 

料金はメーターで走ってくれました。17ユーロから20ユーロぐらいになるということだったのでOKしました。

 

「アルルの跳ね橋」

f:id:zoochan:20171015131832j:plain

f:id:zoochan:20171015132259j:plain

 

f:id:zoochan:20171015132917j:plain

f:id:zoochan:20171015132108j:plain

 

この跳ね橋はゴッホが描いたものではなく再現されたものということでしたが、わかっていてもやはり感動しました。

 

おじさんもそんなに英語が得意ではないようでしたが、運転中、下手な私の英語に付き合って話をしてくれました。

 

帰りはアリーナ(円形競技場)まで送ってもらってタクシー代は19.5ユーロでした。

 

 アルルは本当に可愛い街だった

あれこれ説明は不要かな。写真をみてください!

f:id:zoochan:20171015130813j:plain

 

f:id:zoochan:20171015130408j:plain



f:id:zoochan:20171015133453j:plain

f:id:zoochan:20171015133416j:plain




f:id:zoochan:20171015134523j:plain

f:id:zoochan:20171015134507j:plain



f:id:zoochan:20171015134539j:plain

f:id:zoochan:20171015134613j:plain

 

 

さすがフランス!街中の現代アートもかっこいい 

f:id:zoochan:20171015133131j:plain

f:id:zoochan:20171015133206j:plain

 

ちょうどギャラリーでDiorの広告写真を展示しています。おしゃれー。

f:id:zoochan:20171015133256j:plain

f:id:zoochan:20171015133312j:plain

 

 

f:id:zoochan:20171015133346j:plain

 

 忘れちゃいけないアルルにももちろん古代ローマの遺跡が

どーんと円形競技場が、カヴァルリ門からまっすぐ歩いたところにあり、私たちを迎えてくれます。

f:id:zoochan:20171015133707j:plain

 

その裏には古代劇場も。なんと紀元前1世紀の建物です。

f:id:zoochan:20171015133829j:plain

f:id:zoochan:20171015133529j:plain

 

アルルは小さな街ですが、見所が本当にたくさんありました。

ゴッホはアルルを日本のような美しい街だと言っていましたが、とても光栄に思いますね。

駅までの帰り道はローヌ川に沿って歩くことにしましょう。

f:id:zoochan:20171015135027j:plain





ランキングに参加中です。もしよければクリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

 

最後までお読みいただき ありがとうございます。