子育て卒業。一人旅はじめました!

50歳を過ぎて一人旅に目覚めました!一人旅はまだまだ初心者だけど、これまでの旅の記憶とこれからの一人旅の記録を綴っていきます

サグラダ・ファミリアはオーガニック(有機的)な建物だった。@バルセロナ(6日目)

f:id:zoochan:20170918214724j:plain

バロセロナ観光1日目の朝です。

今日は9時にサグラダ・ファミリア教会の予約をしています。憧れの教会を、この目でしっかりと見てきたいと思います。

 昨夜からお世話になっているホステル「Yeah! Barcelona」のことは、後日ゆっくり書くとして、まずは朝、ホステルを出発したところからいきましょう。

 

まずはサグラダ・ファミリアに向かい、その近くで朝食をとることにします。

ホステルからサグラダ・ファミリアには歩いて行けるので、まだバルセロナの治安をあまり把握できていない私にとって、地下鉄に乗らずに行けるのはありがたいです。

 

おー見えてきました。

町の中にいきなり現れます。

f:id:zoochan:20170920224524j:image

古い教会は、教会の前に広場があることも多いのですが、サグラダ・ファミリアは教会の中ではずいぶん新しい部類に入ります。そのせいか、四方を道路に囲まれています。

 

じっくり見たいけど、それは後のお楽しみ。

まずは腹ごしらえです。

 

教会の北側に素敵なパン屋さんを見つけました。テラス席もあるので、サグラダ・ファミリアを見ながら朝食を食べることごできそうです。

f:id:zoochan:20170918214836j:plain

 

小さなパンは5個や10個で売っていましたが、甘いパンとチーズのパンが食べたかったのでお願いして、チーズのパンは2つだけ売ってもらいました。

 

「サグラダ・ファミリアで朝食を」

f:id:zoochan:20170918214948j:plain

 

20分くらい前に行くと、すでに人が集まっています。

f:id:zoochan:20170918215006j:plain

 

9時ちょうどに入場して、すぐ右にあるオーディオガイドを借りる場所に案内されます。その近くに生誕のファサード側のタワーに登るエレベーターがあったので、そのままエレベーターで上がることにします。

たぶんその日の一番乗りです。

 

予約時間は入場が9時から、タワーは9時15分からということで、それぞれ一番最初の時間を予約したのですが、少し思うところがありました。

 

ある方の記事を読んで、教会内は後からでもゆっくり見れるので、混雑前のタワーへ登ろうと思ったのですが、私がタワーから降りてきたときの教会内はすごい人、人、人。

朝一番に入場した時の、まだ人もまばらな教会内を、もう少し堪能してからタワーに登っても良かったなーと、ちょっと後悔したのでした。

 

ただタワーは、一番最初に登ったので、すごくゆっくり楽しめました。

 

どちらを優先するか悩ましいところですが、もしタワーの予約を朝一番にしても、私のようにすぐにエレベーターに乗らないでくださいね。

まずは朝の教会内を5分でも10分でも堪能してから、タワーに登るエレベーターに乗ってください。

 

タワーの天井を内側から見上げます。

f:id:zoochan:20170918215104j:plain

 

果物のモニュメントが間近に見えます。かわいいです。

f:id:zoochan:20170918215256j:plain

f:id:zoochan:20170918215317j:plain

 

生誕のファサードの中央を飾る鳩のモニュメントが、手が届きそうな位置に見えます。

f:id:zoochan:20170918215336j:plain

 

これはテラスのように突き出た部分の飾りです。

f:id:zoochan:20170918215356j:plain

 

階段を下ると見え方が変わります。

f:id:zoochan:20170918215415j:plain 

 

下を見下ろすと、入場を待つ人が小さく見えます。 

f:id:zoochan:20170918215841j:plain

 

これは有名な巻き貝のようならせん階段です。中心部は一番下まで見通せるので、高所恐怖症の人は覗き込めないかも。

美しい形です。

f:id:zoochan:20170918220148j:plain

 

教会内に降りてきました。

人間の骨格?筋肉?を思い起こさせる美しい柱。

f:id:zoochan:20170918220503j:plain

 

ガウディの建築には「有機的」という表現がよく出てきますが、まさに有機的なデザインに、温かみとこれまでの教会にはない斬新さを感じます。

サグラダ・ファミリア内には、様々な種類の大理石が、その用途によって使い分けられているようです。強度や細工のし易さ、色合いなどなど。よく考えれば、私たち身体もまさにその用途にぴったりのパーツがで構成されていますね。

 

教会の平面的な模型。
f:id:zoochan:20170918220313j:plain

 

イエス・キリストの像。

イエス・キリストの生きた新約聖書の時代、まさかこんな教会が建つとは、思いもよらなかったでしょうね。

f:id:zoochan:20170918220705j:plain

 

東側のスタンドグラスからは朝日が入ります。光線が作り出す色も計算済みなのでしょうね。

f:id:zoochan:20170918220938j:plain

 

合唱隊の並ぶスタンドの部分。かなり高い場所にあります。

サグラダ・ファミリアで聞く歌声は、心に染み入る気がします。

f:id:zoochan:20170918223539j:plain

 

教会の前方右側に、お祈りの場所があります。

カメラや私語は禁止ですが、信仰に関係なく、誰でも入場することができます。

ここに来られた感謝をお祈りします。

f:id:zoochan:20170918221207j:plain

 

地下には、サグラダファミリア博物館があります。工房、制作過程、模型、写真、資料など、かなりの展示内容です。

f:id:zoochan:20170918221256j:plain

 

かつてサグラダ・ファミリア内には、建設現場で働く職人の子どもが通う学校があったということです。曲線がかわいい建物です。

f:id:zoochan:20170918221336j:plain

f:id:zoochan:20170918221438j:plain

 

生誕のファサード(東)

f:id:zoochan:20170918214724j:plain

 

受難のファサード(西)

f:id:zoochan:20170918224004j:plain

 

建築中の北側の塔

f:id:zoochan:20170918223833j:plain 

 

午前中いっぱいかけて堪能しました。

 

私が若い頃は、今後100年以上完成までかかるように言われていましたが、建築技術が進歩したのでしょうか。2026年完成は、かなり信憑性があるようです。

Basílica de la Sagrada Família」チャンネルでは、こんな動画を作成しています。

 

www.youtube.com

2026年の完成と目指して仕上がって行くサグラダ・ファミリアがとても楽しみです。

 

ランキングに参加中です(^○^)

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村