子育て卒業。一人旅はじめました!

50歳を過ぎて一人旅に目覚めました!一人旅はまだまだ初心者だけど、これまでの旅の記憶とこれからの一人旅の記録を綴っていきます

バルセロナ!今日はガウディ、ガウディ、ガウディ!そしてピカソ‼︎

f:id:zoochan:20170802053454j:image

バスクでの2日間のホテル暮らしとお別れして、今日から4日間はバルセロナのホステルに滞在です。

 

さっそく同じ部屋の中国人の女の子と、旅行の話で盛り上がりました。

彼女は現在ドイツに交換留学中で、バルセロナに旅行にきているらしいです。

そういえば、昨秋にケルンのホステルで出会った中国人の子は、イタリアに留学中でドイツに来ていましたね。

中国の若者は海外志向の高い人が多いのかもしれません。

 

さてさて、今日は朝一番にサグラダファミリアの予約をしていたので、ホステルから徒歩で向かいます。私の旅のお供の最強アプリ「maps me」のおかげで、道に迷うことはありませんが、念のためにサグラダファミリアについてから近くのカフェを探すことにします。

「できれば、サグラダファミリアを見ながら朝食なんて、出来たら良いな〜」と思いながら、朝のバルセロナをてくてく歩きます。

 

ありました〜。サグラダファミリア&カフェも。

テラス席で朝から至福の時間です。

 

f:id:zoochan:20170802054255j:image

 

 

9時の開門と同時に入場し、その足で生誕のファッサードの方のタワーに向かいます。

 

f:id:zoochan:20170802054339j:image

 f:id:zoochan:20170802055506j:image

 

ほぼ1番乗りで登れたので、ゆっくりタワーを満喫できました。

その後教会内をゆっくり時間をかけて見学します。

 

f:id:zoochan:20170802055448j:image

 

 当たり前だけど、サグラダファミリアは教会なんだなーと感じました。

 

ところでガウディは、建築に没頭するあまりなりふり構わず、浮浪者のような身なりをしていたので、路面電車にひかれたとき、それがガウディだと気づく人もおらずひっそりと亡くなったということです。

 

そのガウディの没後100年の2026年の完成を目指して、建設は着々と進んでいるようです。

 

私が若い頃は、今後100年以上完成までかかるように言われていましたが、建築技術も進歩したのでしょうか。2026年完成は、かなり信憑性があるようです。

Basílica de la Sagrada Família」チャンネルでは、こんな動画を作成しています。

 

www.youtube.com

 

今日はこの後、カサ・バトリョを見学し、

 f:id:zoochan:20170802054540j:image

 f:id:zoochan:20170802055550j:image

 

カサ・ミラでは併設のカフェでお茶をしました。

 

f:id:zoochan:20170802054629j:image

 

締めくくりはピカソ美術館。

今日も充実の1日でした。