子育て卒業。一人旅はじめました!

50歳を過ぎて一人旅に目覚めました!一人旅はまだまだ初心者だけど、これまでの旅の記憶とこれからの一人旅の記録を綴っていきます

ビルバオでバルめぐり

f:id:zoochan:20170730144312j:image

おはようございます。

朝からこのブログを書いています。

出発前の予定では、

「一人旅ではきっと夜は退屈に違いない」

「日頃忙しくてできない、ブログの改造なんかをする時間もあるかもしれない」

「まだあまりネットに出ていないマイナーな情報も、記憶が新しいうちに更新していこう」

とか・・・

 

いろいろ考えていたんです。

甘けったです。駆け出しブロガーの甘い考えでした。

夜にブログを書こうなんて、まったく甘い考えでした。

 

 なぜって、

1 昼間ガンガン歩くため、たぶんめちゃくちゃ疲れている

2 そこへ美味しいビール、ワイン

3 そこへ美味しいタパス、ピンチョス

4 宿に着いたら爆睡

 

 スペインの一人旅は、最大の難関である

「一人で食べる寂しい夕食」を簡単にクリアーできてしまうのです。

 

前置きが長くなりました。

つまり旅を楽しんでいるということなのですね。

 

昨日はバスでマドリードからビルバオに来ました。

 

f:id:zoochan:20170730144339j:image

 

延々と続くひまわり畑に見惚れたり、持参した映画を見たり、ちょっとうとうとしたりで、4時間半の長旅はあっという間でした。

 

ビルバオでのお目当は、グッゲンハイム美術館とバル巡り。

1日目の昨日はビルバオ川沿いに歩き、グッゲンハイム美術館の建物を外から堪能しました。

 f:id:zoochan:20170730150202j:image

 

 

旧市街はこじんまりとしていますが、週末だからか、人がいっぱいでにぎわっています。

 

夜といっても明るく、8時ではまだレストランはまだガラガラ。本格的にレストランでの食事が始まるのは夜9時頃なのでしょう。

その代わりバルのカウンターでは所狭しとピンチョスが並べられ、みんなカウンターやテラス、思い思いの場所でお酒を片手に楽しんでいます。

 

f:id:zoochan:20170730144458j:image 

 

バルははしごするのが当たり前、ということなので、あまり気負わずに入りたいところなのですが、夜の旧市街には、日本人どころか、東洋人の姿も見当たりません。(グッゲンハイム美術館周辺にはあんなにいたのに・・・)

 

こういうときに、一人だとちょっと勇気がいりますが、

1軒目はマーケットの中のバルに

 

f:id:zoochan:20170730144539j:image

 f:id:zoochan:20170730144546j:image

 

2軒目は旧市街中心あたりのバルに入りました。

 f:id:zoochan:20170730144616j:image

 

右のピンチョスは何の変哲もなさそうですが、中の生ハムがすごく美味しかった。トマトペーストが塗られたパンもカリカリでした。左のピンチョスは、キッシュに山羊系のちょっとクセのある美味しいチーズ、上には味噌のようなものが乗っています。ちゃんと温めて出してくれます。

 

今夜はサン・セバスチャン、ピンチョス発祥の地です。

今からとっても楽しみです。

 

ただいまスペインを旅行中です。

3週間という私にとっては人生初の長旅です。旅行中も頑張って記事をアップしていきたいと思っています。「女一人旅」に「ポチッ」をしていただけるとうれしいです。  

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村