子育て卒業。一人旅はじめました!

50歳を過ぎて一人旅に目覚めました!一人旅はまだまだ初心者だけど、これまでの旅の記憶とこれからの一人旅の記録を綴っていきます

チョイ住み in ウィーン

f:id:zoochan:20170528155914j:image

昨日に引き続き、今日もチョイ住みの話です。

一昨年のチョイ住みに味をしめた友人と私は、次の夏の旅行もまたアバーメントホテルに泊まることにしたのです。

 

 昨年の旅行先はチェコとウィーン。

世の中がちょっと物騒だったので、色々な影響を受けるリスクの低い国、という理由で決めました。

 

ただし安全と引き換えに支払わなければならないのは、やはりお金。考えることはみんな同じ?ということで、航空券は往復14万くらいと、私たちにしてはかなり奮発した空の旅となりました。

その上、チェクインの列に並んでいる時にKLMのグランドスタッフに声をかけられ、プラス37,000円のビジネスクラスへのアップグレードをしてしまったのです。

「きゃー、50半ばにして初ビジネス!」

いいんです。このために頑張って毎日働いているんです。

 

と、結果的には他で色々散財してしまったので、お財布に優しいアパートメントホテルの滞在は正解でした。

 

泊まったのは「GAL Apartments Vienna」。今回も3泊の利用です。

ロケーションは本当に良くて、システィーナ礼拝堂のある地下鉄のStephansplatz駅の2つ先、Nestroyplatzから徒歩5分弱でした。

 

予約の後で何度か英語のメールでやり取りがあり、そこには、私たちが行く曜日にはフロントが不在なので、このナンバーを押してくださいと数字が書いてありました。「ふむふむ、このホテルもナンバーキーなのね」2回目ともなると余裕を感じていた私。

 

チェコのチェスキークルムロフからライトバンような乗り合いバスに乗り、ウィーン西駅に到着したのはまだ昼前。チェックインまでトランクをコインロッカーに預けることにしました。

コインロッカーがあるかどうかで、その国の治安の良さがわかりますね〜。

イタリアは大好きだけど、コインロッカーが無いのがたまに傷。大きな駅では、引き取りが長蛇の列になることもあり、30分くらいは余裕を持って引き取りにいかないと、乗り遅れるのではないかとドキドキします。

 

ウィーンでは夕方までマーケットや美術館を楽しみ、コインロッカーからトランクを出し、地下鉄へ。

お目当のアパートメントホテルもすぐわかり、なんだかスムーズ♫

 

さてホテルに入ろうかな。

ん?

例のタイプです。

建物自体に入るためのドアに鍵がかかっているタイプ。

ヨーロッパでは良くありますね。

インターフォンが並んでいる中に、GAL Apartments Viennaの名前をみつけ、ボタンを押すと、RRRR・・・明らかに電話の呼び出し音が。まさかの電話?

 

電話での英会話はジェスチャーや表情が使えない分、明らかに難易度が上がります。それに聞き取れなければ、ホテルに入れないという緊張感も加わります。

 

なになに?

インターフォンの相手が言うには、郵便受けの中にホテルの建物と部屋の鍵が入っているので、それを受け取れと言うこと?

って、郵便受け?

空き巣に入られるやつやん。

 

ん?郵便受けが閉まってるみたいなんですけど。

 

なんと!ここであのメールで教わった数字の登場だったのですね。

ナンバーキーを押して郵便受けを開けると、封筒が一通。中にはめちゃくちゃアナログなタイプの鍵が。

 

ウィーンのアパートメントホテルは、ヘルシンキほどオシャレ感はないけれど、コンパクトにまとまっていてとても使いやすかったです。洗濯機や洗濯を干すスペースもあり、できれば1日1回洗濯をしたいという主婦歴25年以上の私たちには、嬉しいお部屋でした。

f:id:zoochan:20170528155914j:image

f:id:zoochan:20170528155925j:image

 

ただしヘルシンキと違ってウィーンでは、お城や美術館巡りで忙しい上、お目当のレストランでウインナーシュニッツェルを食べるという使命があったので、夕食での女子会感は薄かったかな。たぶん昼からビールを飲んだり、カフェでスウィーツを食べたりで満たされていたので、夕食にかけるエネルギーも少し低下していたんだと思います。

 

f:id:zoochan:20170528155953j:image

 

でも食べきれなかったウインナーシュニッツェルを持ち帰らせてもらい、翌朝レンジで温めて食べたときは、「あーアパートメントホテルにして良かった〜」と思いました。

 

  ランキングに参加中です。「ポチッ」をいただけるとうれしいです。  

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村