ツギタビ

次の旅はどこに行こうかな。これまでの旅の記憶とこれからの旅の記録。

一人旅 ワシントン編

国立スミソニアン自然史博物館は地球を丸ごと楽しむ博物館だった

今日はワシントンD.C.へ行ったら必ず訪れたい「国立スミソニアン自然史博物館」のご紹介です。 なんだか楽しそうだよね〜。 ナイトミュージアム2の舞台にもなったし。 でも何が楽しいの? ・・・・・はく製とか?恐竜とか?

フリーア美術館 孔雀の間でホイッスラーの姫君に会える

今日紹介するフリーア美術館も、ワシントンD.C.のスミソニアン美術館・博物館群の一つです。スミソニアンの中では知名度の低い美術館ですが、実はアメリカが誇る革新の画家「ホイッスラー」のコレクションがとても充実しているのです。

ハーシュホーン美術館 全裸の大男に遭遇!あのー見えてるんですけど。

ワシントンD.C.の美術館シリーズはまだ続きますよー。今回はスミソニアン美術館・博物館群の中にあって異彩を放つ「ハーシュホーン美術館」です。 最初のアンディ・ウォーホルを見てピンと来た方は鋭い! そうです、ここは現代アートの美術館です。 そして例…

ボルチモア美術館の見どころと作品をご紹介します マチスの世界最大のコレクションを見に行こう

「色の魔術師」の異名を取るマチス。その独特な色使いに魅せられた人は多いのではないでしょうか。 実は私もそんな一人。マチスの絵が大好きなんです。 そのマチスの世界最大のコレクションを抱えるのが、ここボルチモア美術館。 実は今回のワシントンD.C.旅…

ボルチモアへのアクセス ボルチモア美術館へはサーキュレーターで簡単に行ける

今日は、ワシントンD.C.から電車で行ける「ボルチモア」と、世界最大のマチスコレクションを誇る「ボルチモア美術館」への行き方をご紹介します。 ボルチモアはワシントンD.C.の近郊都市で、電車で30分〜1時間のところにあります。 ワシントンD.C.からボルチ…

ジョージタウン(ワシントンD.C.) への行き方と魅力をご紹介 ヨーロッパのような街並みを見に行こう

ワシントンD.C.の魅力は美術館・博物館だけではありません。歩いているだけでウキウキするような素敵な街並みもたくさんあるのです。 今日はワシントンD.C.の中にあって、ヨーロッパの雰囲気を持った街「ジョージタウン」をご紹介したいと思います。

フィリップスコレクションの作品をご紹介します。ワシントンD.Cで印象派を堪能。

スミソニアンの美術館・博物館群からは少し離れますが、ワシントンD.Cに訪問の際、美術館「フィリップスコレクション」はぜひ訪れてほしい場所です。 なんと言っても、「フィリップスコレクション」には、ルノワールの「Luncheon of the Boating Party(舟遊…

ワシンントン ナショナルギャラリーの見どころと作品、役立つ情報をご紹介します

ワシントン旅行のハイライトといえば、スミソニアン協会の博物館・美術館めぐりですね。 国立美術館である「ナショナル・ギャラリー」は、スミソニアン協会のものではありませんが、まさにスミソニアン群一帯の中にあります。 主な展示は13世紀以降の西洋…

「スマートリップカード(SmarTrip カード)」の買い方 ワシントンD.Cの地下鉄や路線バスで大活躍のICカード

今日は、ワシントンD.Cを旅行する際の強い味方「スマートリップカード」の、地下鉄駅の券売機での買い方をご案内します。 「スマートリップカード」はワシントンD.Cの地下鉄(メトロ)や路線バス、サーキュレーターと呼ばれる循環バスで使えるICカードです。…

ワシントン・ダレス空港から市内へのアクセス バス乗り場や時刻表

ワシントンの玄関口、ワシントン・ダレス空港から市内までの行き方を案内します。 公共交通機関を使った場合、空港からシルバーラインエキスプレス+地下鉄か、路線バス(直通)に乗ることになります。 どちらを選択した方が良いのかは、荷物や目的地、乗車時…